生牡蠣と殻付牡蠣及びしゃぶしゃぶわかめの事前処理と調理例について(注文の前にご覧ください。) | TMFG 高山孫六ファームガーデン

2021/02/19 22:20

TMFGふるさとショッピング

宮城県塩竃市浦戸寒風沢(さぶさわ)生牡蠣
及び生わかめをしゃぶしゃぶお買上の皆様へ
この度はお買上ありがとうございました。参考調理例を以下に書きましたので、よろしけ
ればご利用ください。品々は鮮度が命なのでできるだけお早めにお召し上がりください。
1 生牡蠣(むき牡蠣)
(重要)袋からざるに取り出して、多めの食塩を振りかけて手でもみ洗いをしてください。
 ぬめりや汚れをしっかりと落とします。牡蠣の旨味成分は牡蠣の中にありますので大
丈夫です。その後、冷水で数回、洗い流してください。食塩での冷水洗いを 2,3 回繰
り返します。冷水が汚れなく、きれいになれば事前処理は終わりです。
(1)そのまま、水を切ってから、塩やポン酢、レモン等をつけて生食をお楽しみください。
(2)次に、水気をペーパータオルなどで十分にふき取ってから、薄力粉、溶き卵、パン粉
をつけて、フライでどうぞ。
(3)鍋の場合はほかの具材を入れて煮立ったら、食べる直前に牡蠣を入れて蓋をして、蒸
します。丸く膨らんだら食べ頃です。
(4)生食を食べている間に、炊飯器に調味料と小さめの牡蠣を入れて、炊き込みご飯にし
てどうでしょうか? 詳しいレシピはネットでお調べください。
(5)鍋の残り汁にご飯を入れて「おじや」もおいしいです。


2 殻付き牡蠣
(重要)殻付き牡蠣は洗剤ではなく、塩水でゴシゴシと貝の両面を洗ってください。磯の香
りが強いので、それをしないとにおいが広がる場合があります。殻を開けるには果物ナ
イフのようなもので大丈夫です。必ず軍手を使って、貝柱を切るように、殻を開けてく
ださい。
(1) 殻を開けたら、そのまま殻付きのまま、塩水(水)で 1,2 度ゆすいでから生食をお
楽しみください。
(2) 焼き牡蠣にする場合は、フライパンに多めに食塩を敷いて、平らな面を下にして焼
きます。数分して、口から汁が出てきたら、調理ばさみや割りばしなどでひっくり
返して焼いてください。加熱は塩水や水で洗う必要はありません。貝のふたが開い
たら、広げて、醤油や麺つゆ、レモン汁などでお食べ下さい。

3 牡蠣の保存について
(1) 保存は袋のままで、到着日を含め3日間は保存できます。生食は到着当日か翌日ま
でにお願いします。その間は、お食べになるときに開封して、洗い処理してから生
食、調理をお願いします。それ以後二日間はオイル漬けやスパゲティ等の加熱調理
でお楽しみください。
(2) 牡蠣は冷凍ができます。洗い処理をしてから、一個一個、重ならないように冷凍し
てから、ジップロック等にまとめて入れて、お好きな時に解凍してお楽しみくださ
い。冷凍保存では解凍後の生食はできませんので、よろしくお願いします。
4 しゃぶしゃぶわかめ (牡蠣と一緒にお求めの際は、牡蠣生食の後に、しゃぶしゃぶわ
かめが牡蠣鍋の準備にもなり、都合が良いようです。)
(1) 新わかめは、そのままさっと水洗いして、5cm-10cmに切ります。平鍋(牡
蠣鍋用に、カツオだしを張った平鍋にお湯を沸かして、しゃぶしゃぶをします。
色が変わった瞬間をそのまま、ポン酢で、麺つゆで、お召し上がりください。
※ 割りばしでないと引き上げるときに滑るので注意してください。
(2) 残ったわかめは日持ちしませんので保存することなくお召し上がりください。
(3) もし保存する場合はお湯で湯通しして、食塩を混ぜて、塩わかめをお作り頂き、保
存してください。冷凍もできます。


5 結びに(お願い)
 宮城県塩竃市をはじめ東北の名品や逸品の産地は、東日本大震災より10年目を迎
えました。復興を成し遂げつつある矢先に新型コロナ感染症や先日の地震等により、大
変、厳しい状況にあります。この度のように、多くの皆様に楽しくご賞味いただくこと
が何よりの復興への支援であり、応援になります。今後ともよろしくお願いします。
 是非、またのご用命を心からよろしくお願いいたします。
 TMFGふるさとショッピング
 担当 淀 野 秀 樹
 https://tmfg.base.shop
 mail: hidekick007@me.com
TEL 090-9428-9308